親知らずの抜歯

当院の親知らずの抜歯

他院で断られた難症例の親知らずもご相談ください

他院で断られた難症例の親知らずもご相談ください

大阪市港区・とみもと歯科医院の院長は口腔外科の経験が豊富で、これまでに多くの親知らずの抜歯を行ってきた豊富な実績があります。
他院で断られた難症例の親知らずであっても、当院でなら対応可能な場合がありますのでお気軽にご相談ください。

歯科用CTを活用して安全に抜歯します

歯科用CTを活用して安全に抜歯します

当院は歯科用CTを導入していて、これを活用して親知らずの状態や、そのまわりの神経・血管の走行などを確認することで、より安全に親知らずを抜歯します。
トラブルが起こらないように、万全を期して抜歯を行わせていただきます。

静脈内鎮静法・抗生物質の投与などにも対応

親知らずの抜歯に対する恐怖心が強い方には、静脈内鎮静法を行うことも可能です。ほとんど眠っているような状態で治療が受けられるので安心です。
そのほか炎症が強い方には抗生物質を投与するなど、お一人おひとりの状態に合わせてきめ細やかに対応いたします。

親知らずとは?

正しくは「第三大臼歯」と言います

親知らずは正しくは「第三大臼歯」と言って、歯並びの一番奥から生えてくる歯のことです。成人前後で生えてくるケースが多いのですが、人によっては生えてこないこともあります。

近年、食生活の変化などにより顎が小さい方が増えていて、そのため、親知らずがまっすぐ生えず、斜めや横向きに生えてきて様々なトラブルの原因となるケースが増えています。何も問題がなければ必ずしも抜歯しなければいけないわけではありませんが、次のようなトラブルが起こっている場合には抜歯を検討する必要があります。

親知らずのよくあるトラブル

歯茎の腫れ・痛み

親知らずが原因で歯茎が腫れたり、痛みが生じたりする場合があります。

顎の腫れ・痛み

親知らずが原因で顎が腫れたり、痛みが生じたりする場合があります。

歯並びの乱れ

親知らずが斜めや横向きに生えていると、隣の歯を押して歯並びの乱れを引き起こす場合があります。

隣の歯が虫歯になっている

親知らずが斜めや横向きに生えていると、ブラッシングの邪魔になるため、隣の歯が虫歯になってしまう場合があります。

親知らずが虫歯になっている

歯並びの一番奥から生える親知らずブラッシングしにくいため、虫歯リスクが高いです。親知らずが虫歯になった場合、抜歯を検討します。

06-6572-1182
一番上に戻る
一番上に戻る
tel:0665721182