一般歯科

こんな症状はありませんか?

こんな症状はありませんか?

  • 歯が痛い
  • 歯茎が腫れている
  • ものを噛むと痛む
  • 冷たいもの・熱いものがしみる
  • 歯が黒ずんでいる
  • 歯が白濁している
  • 口臭がする など

このような症状がある場合、虫歯の恐れがあります。そのまま放っておかずに、大阪市港区のとみもと歯科医院までお早めにご相談ください。

当院の虫歯治療

症状をお感じになった時にはすぐにご相談ください

症状をお感じになった時にはすぐにご相談ください

初期の虫歯にはほとんど自覚症状が現れません。つまり、痛みなどの症状がある場合には、すでに進行している恐れがあるということです。
症状があるのにそのままにしていると、どんどん進行していって最悪の場合、歯を失うことにも繋がりかねません。そうならないためにも、少しでも「おかしい」と思われた時にはすぐに当院へご相談ください。

早期発見・早期治療すれば少ない負担で治せます

初期のうちに虫歯を発見すれば、適切なブラッシングやフッ素塗布といった負担の少ない治療で治すことが可能です。
反対に発見が遅れてしまうと、歯を削るなどの大がかりな治療が必要になり、治療期間が長くなるほか、治療費もかさむことになります。

できる限り「再治療」しなくていいように治します

虫歯の治療に際しては、できる限り「再治療」しなくていいように治すことを心がけています。
そのためにも、虫歯の取り残しがないようにするなど精密に治療しています。また、ただ治すのではなく、審美的にも美しい状態になるよう治療することを心がけています。

虫歯の原因は?

ミュータンス菌などに感染することで起こります

ミュータンス菌などに感染することで起こります

虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌に感染することで起こります。ミュータンス菌がお口の中に入ると、食べ物などの糖分を分解して「グルカン」と呼ばれる粘着性の物質を作り、さらに歯垢(プラーク)を作ります。
歯垢は時間が経つにつれてどんどん厚くなり、「バイオフィルム」と呼ばれる細菌の塊を形成します。このバイオフィルムの中で虫歯菌が糖分を取り込み、酸を放出することで歯の表面が溶けていってしまいます。

虫歯の進行

虫歯は進行度合いに応じてCO(シーオー)からC4の5段階に分けられ、各段階によって治療方法が異なります。

CO(シーオー)

まだ歯に穴が開いていない初期の虫歯です。痛みなどの自覚症状はありません。この段階で発見できれば負担の少ない治療で済みます。

治療方法

適切なブラッシングや、フッ素塗布などにより症状の改善をはかります。

C1(エナメル質の虫歯)

歯の表面(エナメル質)に小さな穴が開いた状態です。痛みなどの自覚症状はなく、やはりこの段階で発見できれば負担の少ない治療で済みます。

治療方法

適切なブラッシングや、フッ素塗布などにより症状の改善をはかります。ただし、改善が難しい場合には虫歯部分を削って詰め物(インレー)を詰めるケースもあります。

C2(象牙質の虫歯)

虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで進行し、甘いものや冷たいものがしみるようになります。また、強く噛むと痛む場合もあります。

治療方法

虫歯部分を削って詰め物を詰める治療を行います。虫歯が大きい場合には、歯の切削量が増えるため被せ物(クラウン)を被せるケースもあります。

C3(歯髄の虫歯)

歯の神経(歯髄)にまで進行した状態です。ものを噛んだりしなくても強い痛みが発生したり、熱いものがしみたりするようになります。

治療方法

虫歯部分を削って被せ物を被せる治療のほか、歯の根っこの治療(根管治療)が必要になる場合があります。

C4(末期の虫歯)

歯の目に見える部分がほとんど崩壊してしまい、歯の神経も壊死した状態です。この段階まで進行すると抜歯しなければいけなくなります。

治療方法

歯の目に見える部分がほとんど崩壊してしまい、歯の神経も壊死した状態です。この段階まで進行すると抜歯しなければいけなくなります。

06-6572-1182
一番上に戻る
一番上に戻る
tel:0665721182