小児歯科

お子様のお口の健康を守るために

怖がらせないようにゆっくり治療します

怖がらせないようにゆっくり治療します

小さなお子様にとって歯医者は怖いところです。「何をされるのだろう?」「痛いことをされるのかな?」などと色々と不安に思うものです。当院ではそうしたお子様に恐怖心を植え付けないように、焦らずゆっくりと治療するように心がけています。

まずは一人でチェアに座ることから始めて、治療で使用する器具に慣れてもらい、きちんと大きくお口を開けられるようになるといったように、段階的に治療を進めていってお子様に「歯医者は怖いところではない」ということを理解してもらうようにしています。

治療の主役はお子様

当院では3歳以上のお子様につきましては、お一人で診療スペースに入ってもらい、治療が終わってから保護者の方に内容を説明するようにしています。
これは、お母様・お父様などがチェアサイドにいらっしゃるとどうしても「保護者の方との会話」が中心になってしまうからです。小児歯科の治療の主役はあくまでお子様です。
お子様であっても「一人の人間」として対応に接する意味でも、保護者の方の同伴は遠慮していただくようにしています。

頑張った後にはプレゼントをお渡ししています

頑張って治療を受けてくれたお子様には、当院からプレゼントをお渡ししています。これをもらうために治療を頑張る子供もいるなど、お子様や保護者の方に大変喜んでいただいています。

乳歯の虫歯でも放っておかないようにしましょう

「生え変わるから大丈夫」とお考えではありませんか?

「生え変わるから大丈夫」とお考えではありませんか?

乳歯は永久歯と比べて薄いので、虫歯リスクが高いとされています。ですが、「乳歯は生え変わるから大丈夫」と考えになって虫歯を放っておかれる保護者の方がおられます。これはいけません。

当院の小児歯科治療

3ヶ月に1回の定期検診

3ヶ月に1回の定期検診

お子様のお口の状態にもよりますが、基本的には3ヶ月に1回、定期検診を行ってお口の健康状態をチェックします。もし虫歯があれば適切な処置を行いますが、なければフッ素塗布などの予防処置を行って虫歯を予防します。

虫歯予防にフッ素塗布は効果的です

フッ素塗布は、虫歯予防に効果的な予防方法です。ただし、フッ素の効果は3ヶ月程度しか持続しないため、定期的に受けることが大切です。
フッ素には歯質の強化や、歯の再石灰化の促進などの効果があり、定期的に塗布することで効果的に虫歯が予防できるようになります。

保護者の方へ仕上げ磨きの方法をアドバイスします

小さなお子様の場合、ご本人だけではお口の健康を守ることは難しいです。そのため、成長するまで保護者の方の仕上げ磨きが欠かせません。
きちんと仕上げ磨きできるように、保護者の方へ丁寧に磨き方をアドバイスさせていただきます。

お口まわりの悪い癖がないかチェックします

口呼吸、舌の悪い癖、悪い飲み込みの癖などのお口まわりの悪い癖がないかチェックします。これらの不良習癖は悪い歯並びの原因となります。こうした癖は、当院が力を入れて取り組んでいる早期矯正治療で解消することができ、その結果、きれいな歯並びを作り上げることが可能となります。

お子様の歯並びが心配な方や、お子様のお口まわりの癖が気になる方などは、お気軽に当院へご相談いただくか、毎月1回、院内で開催している「早期矯正治療説明会」にご参加ください。

06-6572-1182
一番上に戻る
一番上に戻る
tel:0665721182